Home mail me! RSS

Archive for Books

Page 1 of 41234

ノーマン・ミネタと想田和弘とジョー山中と友人

恩師の死
昨年6月の母の死
震災。
今年5月の父の死

うーん、このところ色々とヘビーなことが多かった。
特に両親のことは、
植木に水をやってても、料理してても、TV見てても、洗濯してても、
その都度顔が浮かんできてしまう。
いまも毎日。

でもそのかわりに、姉や親族はじめ多くの人達が気遣い、支えてくれた。
本当にありがたいと思う。
先日、四十九日&一周忌を終えて、ようやく落ち着いた。


・・・ところだったのだけれどここ数日、


宮尾すすむさんの死。
 * 息子さんの言葉「ありがとう、ごめんなさいしか浮かんで来ない」
 * あー私と同じだー。
原田芳雄さんの死。
 * つい先日TV(ボクらの時代)で元気なお姿を拝見したばかりだったのに。
とある知り合いの方のお父様の闘病。
ノルウェーのテロ。


それらの事柄が一気に押し寄せて来て、なんだか滅入ってしまっていた。


で、なんとなくTV観たり、
用もないのに出かけたり、
あとはぼーっとしたり、してた。


そしたらとても強くやさしくかっこいい人たちの言葉に出会えた。
忘れないように、それから、誰かの支えになればいいなと思うのでメモ。



ノーマン・ミネタ


「恐怖は無知からくる。まずは知ること。そしてそれを他の人たちに伝えること」

「Try 50% harder.」(日系人という”ハンデ”をどう乗り越えたのかを問われて)

「Do the right thing.」(批判にさらされても訴え続けた理由を問われて)


※以上、ミネタさんに関するドキュメンタリーより。
「渡辺 謙 アメリカを行く "9.11テロ"に立ち向かった日系人」
http://www.nhk.or.jp/kenwatanabe/
2011.8.15 再放送予定 on NHK総合

ノーマン・ミネタ:
9.11テロの時のアメリカの運輸長官。日系二世。
幼い時の日系人強制収容所での体験を元に、強制収容に遭った人達の名誉回復に努めた。また、テロ後のアラブ系・イスラム系の人たちに対する人種フィルタリングに、多くの批判にさらされながらも反対し続けた。




想田和弘


「『観察』の対義語は、『無関心』ではないかと、ある人が言った。僕は、なるほど、と同意する。

 観察は、他者に関心を持ち、その世界をよく観て、よく耳を傾けることである。それはすなわち、自分自身を見直すことにもつながる。観察は結局、自分も含めた世界の観察(参与観察)にならざるを得ない。

 観察は、自己や他者の理解や肯定への第一歩になり得るのである。」



※以上、想田和弘著『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』より。


なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか (講談社現代新書)

著者/訳者:想田 和弘

出版社:講談社 (2011-07-15)



映画『Peace』観てから読むんだった!(笑)

想田和弘:
“観察映画”監督。『選挙』『精神』『Peace』が各国の映画祭で受賞。想田和弘にはずれナシ!
http://documentary-campaign.bl……gspot.com/
http://twitter.com/KazuhiroSoda


著書を拝読して、想田さんのやさしいまなざしは自らの体験がもとになっているのだなと、あらためて納得。ちなみに、母が亡くなった頃にとある児童虐待事件があって、それに対する私のtweetを想田さんが拾って下さいました。うれしかったし、はげまされた。その後『精神』のティーチ・インに行って、そこでも私の拙い質問に真摯に答えて下さいました。ありがたや。その時に、私の友人の質問に答えて「やさしさだと思います」って言った想田さんの言葉は今も胸にしまってあります。
いまだに『精神』と『精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける』はまだ見返せてない(勇気が出ない)のだけれど、見返せた時が本当に乗り越えられたときだろうなって思っている。

私の『選挙』『精神』レビューは下記。
http://fuzzmaster.jp/wp/2010/05/27/2231/
http://fuzzmaster.jp/wp/2010/12/04/2406/



ジョー山中


「戦い続ける男達へ」
YouTube Preview Image



私の尊敬する友人×2


「結婚しました!」

前職で大変お世話になった二人が結婚したのだ!ともに心の底から尊敬している友人で、だから本当にうれしい!お世辞抜きで私の理想の人なのだ二人とも!





思うこと


どれも私の落ち込みとは関係なさそうな名言に見えますが、たとえ傷ついても、傷つけても、コミュニケーションを諦めたら終わりだってことは、母の死から学んだこと。それでコミュニケーションが終わってしまうとしたらそれはとても悲しいことだけれど、でもそこからまた学んで生きるしかない。その強さは、決してコミュニケーション上手ではなかった母が、教えてくれた。

それから、なんでも受け入れるやさしさは、父から学んだ。仕方のないことは仕方ない。でも諦めじゃなくて、受け入れたいなと思うよ。

あと、情熱。それは恩師から学んだ。

私はなんでも人よりできるようになるのが遅いけど(そうは思われてないみたいだが・笑)、hard to liveって思うこともしばしばだけど、そんでも生きるよ。

ソーラー読書灯

IKEA - Sunnanワークランプ 太陽充電式

IKEA - Sunnanワークランプ 太陽充電式


IKEA「Sunnan ワークランプ 太陽電池式」¥2,490
読書灯がほしくて、でも何かと電気使いすぎだし、もうコンセントも余ってない(というかコンセント邪魔だ)し、というタイミングで見かけて「こいつはいい!」と即買いました。

日中ずっと充電しておけば3〜4時間使えます。でっかいLED一個で十分明るいです。間接照明がわりもなります。いざ停電したときにも使えます。ちなみにLEDの寿命は約5万時間、ということは毎晩がっつり4時間読書をしても12,500日≒34年間も使えます!ワオ!

おしむらくは下記の2点。
1)電池を本体に装填したまま放っておくといつの間にか消耗している事がある。
  →1週間とか? 2〜3日なら問題ないです。
2)電池を抜き差しする際に角にRがついてないので怪我する確率高し。
  →力もそこそこ必要なので小さい子供は危険かも。
それから、プラスチックを長時間直射日光に曝すことになるので、そのうち劣化するんだろうなという気はしてます。でも高々¥2,490ですから、2年使えれば「よくやった!」って言っていいと思います。

太陽充電の商品は、SANYOのeneloop等からも出ているようですが、お値段がちょっと。見た目もちょっと。照明だけじゃないってのは素晴らしいポイントなんだけどね。まあ、私は見た目的にも「Sunnan」が気に入ってます。

『新選組』に対する司馬遼太郎と三谷幸喜の視点の違い。

映画『グラディエーター』と『ロック・ユー!』の共通点。
で書いた、歴史物における登場人物たちの描かれ方の違いについて。
(主人公とその仲間の“仲間”感や、正統派と現代語解釈がどうとかいうあたり)

この話を日本の時代劇の描かれ方ってことで考えてみると、司馬遼太郎が描いた小説『燃えよ剣』『新選組血風録』と、三谷幸喜の描いたドラマ『新選組!』の立ち位置と近いかもと思う。

なーんて、前々からぼんやり考えていたことを今さらまとめてみる。
Read the rest of this entry »

ネコパンチ。

絶版になっていた本をAmazonで見つけてすかさず購入した(中古)。

のが届いた。

早速開封してみると本の状態も良く梱包もきちんとされていて、
なにやら手書きの小さなメモが添えられている。
女性と思われる細く小さな文字で「ご注文ありがとうございます」
といったようなまあ文章は定型なんだけれども、
好きな作家の本だったのでことさらうれしい気持ち。
大事に扱ってもらっていたんだねえと思う。

メモには、お店の名にちなんだネコ型のパンチ穴があいていて、
それがまたなんだかよかったのだ。



ちがう。

電気グルーヴのジャケがステキな件。

電気グルーヴ『J-Pop』のジャケ
http://www.sonymusic.co.jp/Mus……nki/j-pop/

8年ぶりの新譜だそうです。
店頭で初見だったらこんなの試聴もせずに“買い”だ!
『J-Pop』っていうのもいいな!

J-POP / 電気グルーヴ

キューンレコード

2008-04-02 発売




ジャケ的には
↓このへんとか

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


↓このへんとか

ヨーロッパ特急 / クラフトワーク

EMIミュージック・ジャパン

2008-06-11 発売



のイメージなのかしら?

↓これも若干入ってないか?

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。




↓『メロン牧場』が出てくる芥川賞&大江健三郎賞受賞作家の新作も
なかなかステキだ。『メロン牧場』を回し読む高校生ってステキだ。
(ていうか浦田タクマってだれだよ!)

ぼくは落ち着きがない

著者/訳者:長嶋 有

出版社:光文社 (2008-06-20)


Page 1 of 41234