Home mail me! RSS

熊田千佳慕すてきだったなあ

ファーブル昆虫記の虫たち〈1〉 (KumadaChikabo’s World)

著者/訳者:熊田 千佳慕

出版社:小学館 (1998-03-01)



先週、熊田千佳慕の展覧会を見てきました。いやー素敵だった。
主に身近な昆虫や植物をテーマに水彩で描く画家さんです。
詳しくは↓こちらにインタビューと作品がいくつか掲載されています。
http://pingmag.jp/J/2008/11/06/kumada/

わたしもこのサイトで初めて知ったんですが、いいでしょう?
見ていてうきうきしてしまう、そんな展覧会でした。

会場には実際に使っていらした画材なども置いてありましたが、細めの面相筆と梅皿(だっけ?)数枚、ホルベインの水彩絵の具と極めてシンプルで、そんなところもまた素敵でした。


展覧会の始まった翌日8/13に、99歳(数え)で亡くなったというニュースを知り、大変びっくりしました。
会場で流れている映像の中で、かくしゃくと話す姿が大変印象的でした。


東京は終わってしまいましたが、全国を巡回するので、お近くの方はぜひオススメです。子供がいる人はぜひ一緒に。楽しいよ!
巡回スケジュール:  http://www.asahi.com/kumadachikabo/
来年夏にはまた横浜に戻ってくるようですよ。

Share

コメントする