Home mail me! RSS

お前が痛いんじゃ!

お前だ!菱形筋!

寝ちがえたのか肩こりか、
左腕を後ろにひくと肩甲骨のとなりあたりに激痛。きゃー。

前にも背中全体の筋肉がはるかんじというのは経験があるのだが、
あの重だるい痛みではなく、刺すようなのがずきんとくる。
ていうか痛い。

痛いぞコノヤロー。

なんだか腹が立ってきたので、怒りのぶつけどころを探すべく
美術解剖学の本をひっぱり出して調べてみた。
どうも「菱形筋(りょうけいきん)」というのがあやしい。

菱形筋(りょうけいきん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/菱形筋

脊椎から起こり、左右の肩甲骨に停止する、一対の筋である。
僧帽筋の深部にあり(中略)肩甲背神経の支配を受ける。
肩甲骨を後ろに引く作用がある。
不良姿勢などによる肩こりでは、
この筋にも不快感・重圧感・こり感や痛みを感じることがある。



菱形筋に肩甲背神経、
お前らのしわざかコノヤロー!
痛いんだバカー!

矛先は結局自分であることに気づくまで憤ること5分、
怒りのあまり我を忘れるというのは本当らしい。
(どうせだったら痛みの方を忘れてほしい)

やさしい美術解剖図

著者/訳者:J. シェパード

出版社:マール社 (1980-02-18)


Share

コメントする