Home mail me! RSS

ジェームス・ボンドがかっこよすぎる件。

『007 カジノ・ロワイヤル』のダニエル・クレイグ。

映画がどうたら言ってたところ、知り合いの方からDVDを頂戴してしまった。

『007 カジノ・ロワイヤル』 2006年
原題: Casino Royale
監督: マーティン・キャンベル
主演: ダニエル・クレイグ

007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版) [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

2007-05-23 発売

時間:




ジェームス・ボンド、初めて観たんですけど
かっこよすぎます。

簡単に言うと、「女王の国の、ものすげージャック・バウアー」、みたいな。

気障でクールなプレイ・ボーイというキャラクターをイメージしていたんですが、
とてもアツい男でした、ボンドさん。
なんでも『カジノ・ロワイヤル』は原作小説では第1作目にあたるそうで、
(映画では第21作目)
若かりし頃のボンドなんですね。アツい男です。
アツさ故のミスもするし、へこむし、結構自己中心的だったりします。
血気盛んというか自尊心のかたまりというか。
嬉しそうにオーダーのタキシードに着替えるシーンが
その辺りをとてもうまく表していて印象的でした。

おまけにガン・アクションだけなのかと思っていたら、
飛ぶわ走るわ、パルクールまでこなしています。
やるなーダニエル・クレイグ!
ていうかなんだかゴリラっぽいんだ。ワイルドすぎて。

前半はそんなかんじの怒濤のアクション・ラッシュ、
後半は後のボンド(映画だとショーン・コネリーからピアース・ブロスナンまで)
へとつながる、人間としてのボンドを丁寧に描いています。
ボンドさんが初めて心の底から恋に落ちたりします。

微に入り細に入り、まったく隙のない超大作映画です。

↓敵役のル・シッフルを演じるマッツ・ミケルセン、
マッツ・ミケルセン
↓ボンドの上司Mを演じるジュディ・デンチもかっこいいです。
ジュディ・デンチ
ジュディ・デンチは『あるスキャンダルの覚え書き』の
キモさ満点のおばちゃんと同一人物とは思えない美しさ!

そういえばダニエル・クレイグは『ライラの冒険』にも出てました。
ダンディなパパ役で。あれもまたよし!

新作『007 慰めの報酬 (Quantum of Solace)』 マーク・フォースター監督
が今年公開予定ということで、非常に楽しみです。
小説の新作『Devil May Care』も発売になったとか。

「007」シリーズ最新小説、発売記念イベント艦上で開催
http://www.afpbb.com/article/e……98/2972256

Share

コメントする